玄関ポーチ水漏れ事件

事の発端は先週。
ずっと晴れているのに、なぜか玄関ポーチに水たまりができていました。

こ…これは霊現象?
女性を乗せたらタクシーの後部座席が濡れてるってやつ?

もちろんそんな怪しい水分ではなく、天井のガルバリウムに水滴がついているのを発見。
アルェー?こんなところに水道管通ってたっけな…と、家の設計書を眺めていて気がつきました。

suiteki.jpg

「(ペロッ !)これはクーラーのドレン水だ!※舐めてません

そう、去年の夏は1度も運転しなかった2Fのクーラーを、今年は猛暑のため24時間稼働させているではないか。
もしかして、そのドレン水がどこかから漏れまくりんぐ…?

実は2Fクーラーの上には微妙な隙間があり、猫たちがクローゼットに侵入するために、よく踏み台にされています。
乗っちゃいかんといっても、そこに適度な踏み台がある限り、猫どもを制御する術はなく…もし猫のせいでホース外れちゃってたりしたら、まあ仕方ないかなと。

20100902_nyan.jpg
容疑者たち

あわてて建築家へ連絡し、点検の手配をしていただきました。
こういうとき、実際に設計した人・施工した人にお願いできるのは良いところだよネ!

で、先週末に電気屋さんが来てくれまして、まず玄関ポーチの照明を外したのですよ。
そしたら、その穴からどばしゃーっ!とけっこうな量の水が降ってきて、電気屋さんがズブ濡れになった。

絵的に面白かったので、私はつい笑いそうになってしまいました。すいません。
こりゃー、本格的にどっかから漏れてますぜ!?

で、2Fでクーラーを外してホースを点検。
そうしたら、あっさり見つかりました。

ホースの破れ目が。

どうも施工時に破れていたのに気づかず、そのまま設置してしまったようです。
破れ目からドレン水が漏れ、じわじわとポーチ天井に溜まっていたらしい。

ホースの修理は簡単に済みましたが、ポーチ天井の断熱材が水でビッショリになってしまったとかなんとか。
さすがにこのままでは宜しくないので、近いうちに濡れた断熱材を交換しましょう、ということになりました。

なんかオオゴトになってしまったゾ?
ま、いいか!

とりあえず容疑者たちの嫌疑は晴れたのであった。
しかしクーラーを踏み台にした挙句、転がり落ちてにゃうにゃう怒るのは止めてもらいたい。特にミケー嬢。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment