手作りラー油とかいうやつ

桃屋の食べるラー油が品薄だったころ、巷にあふれた手作りラー油レシピの数々…。
今回はそれを元に改良を重ねて自分好みにしたレシピを公開しようと思います。

甘めに調整しているので辛いのが苦手な人も大丈夫なはず。
甘みが嫌いな人は砂糖&塩抜きで死苦夜露!

■材料■

(材料A)

  • 干しエビ 20g

(材料B)

  • 韓国粉唐辛子 大さじ1
  • アーモンド粉 大さじ1
  • フライドガーリック 10g
  • フライドオニオン 10g
  • 煎りゴマ 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 味の素 適量

(材料C)

  • コチュジャン 小さじ2
  • 醤油 大さじ1

(材料D)

  • キャノーラ油 100ml
  • ゴマ油 100ml
  • 鷹の爪
  • ネギの青い部分

■簡単な作り方■

材料A~Dまでそれぞれ下準備をしておいて、最期に混ぜるだけじゃコラー!

(材料A下準備)

  1. 干しエビをペーパータオルに挟み、1分ほどレンジで温めて水気を飛ばす。
  2. 猫が干しエビを欲しがるのでひとつまみくれてやる。
  3. ボウルAに干しエビを入れ、すりこぎでざくざくと好みの大きさに砕く。
  4. 猫が干しエビを狙うのでガードする。

(材料B下準備)

  1. 煎り胡麻は半分ほど擦って、残りのゴマとともにボウルBに投入。
  2. フライドガーリックとフライドオニオンをすりこぎで好みの大きさに砕く。
  3. 材料BをまとめてボウルBにまとめて投入。混ぜ混ぜする。

(材料C下準備)

  1. コチュジャンを小皿に乗せ、醤油で溶いておく。
  2. こいつを混ぜるのは最期なので、小皿はそのまま。

(材料D下準備)

  1. キャノーラ油とゴマ油を混ぜ、フライパンで熱する。
  2. 鷹の爪とネギを投入し、焦げる直前に取り出して捨てる。
  3. 油から煙がでるくらいまで熱してスタンバイ。


(最終工程)

  1. 熱した油に小エビちゃんを投入。カリカリに揚げる。
  2. 小エビちゃんごと油をボウルBに注ぐ。じゅわわわーとなるので火傷注意。
  3. ボウルBの中身が冷めるまでそのまま放置。
  4. 冷めたら材料Cを投入して混ぜてジャム瓶等に入れる。

フライドガーリックとフライドオニオンはキューピーのサラダ用のやつを買えば計る必要すらないという。
小エビもだいたい20gで1パックですが、エビ大杉の場合は半分量でも十分です。
チャーハン等にかけるともれなく絶品になりますがカロリー過多にご注意ください。


関連記事
スポンサーサイト