スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金酒を仕込んだよ

こんな記事をみっけたので実際に作ってみたのでござるよ。

ミルクから作る、金色の甘ーいお酒のレシピ

【材料】

  • 牛乳 2カップ(約480cc)
  • ウォッカ 2カップ(約480cc)
  • 砂糖 2カップ(約288g)
  • オレンジ 2個(皮付きのまま乱切り)
  • レモン 1個(皮付きのまま乱切り)

作り方はリンク先をご覧下さい。仕込むだけならチョー簡単です。

で、10日浸け込むどころか、ろ過工程が面倒そうだったので1ヶ月近く漬け込んでしまった…。
ちょっとオレンジの皮の味が強くでたかな?という気がしますが、腐ったりはしていないので結果オーライといえる。

まずガーゼでオレンジとレモンを簡単に取り除きます。
そうすると、オレンジの香りが芳しい、こんなヨーグルト的な液体になる。

sake_20120305.JPG

さっそくエスプレッソカップですくって飲んでみたところ、甘いフルーツマッコリ的な風味でウマいじゃないですか。
味見した家族が「これ濾さなくてもいんじゃない?」などと余計なことをいった。

しかし、我は透明な黄金酒とやらを作ってみたいのだよ……!
で、ペーパーフィルターで1度濾してみたのがこちら。

sake2_20120305.JPG

あのう…ほんのちょっぴりずつなのに、ぜんぜん落ちてこないんですが?

そう、脂肪分がフィルターに詰まってしまうので、長時間かけてもさっぱりろ過できないんであります。
フィルターが詰まるたびに取り替える。
でもって、フィルターに溜まったサワークリーム的なものがこれまたウマいので食べる。

この繰り返しで、いつしかベロベロに酔っ払ってしまいました。
ペーパーフィルターが残り3枚という段階になって、「あれえ、フィルター足りなくね? あははははーまいっか」とか気付いたわけです。

その後、ペーパーフィルターを絞るという荒業でトータル3回ほど濾して、こんなに美しい黄金酒になりました。ウヒョヒョヒョ!

sake3_20120305.JPG
なんかすごい減ってるのだが?

ここで味見した家族のコメント、「ウマイ!濾したほうがさらにウマい!」
自分はというと、この時点で相当ラリッていてぜんぜん味がわかりませんでした。
後日飲んだら美味しかったので濾したほうが間違いなく美味いようです。

牛乳の脂肪分がアルコールのカドや果物の皮の渋みとかを持って行ってくれるらしく、フルーティで飲みやすい味です。
フルーツリキュールってアルコールの臭さが逆に目立って飲みにくかったりするのですが、これはそんなことがない。
オレンジの香りが爽やかでジュースのように飲みやすいのにお酒。

なお、「うちでも作ってみたい!」という方には、

  • 業務用のフィルターとか、とにかくでっかいやつを用意するべし。詰まるぞ!
  • 1度目のろ過は金属フィルターなどでざっくり濾すと良いですよ。
  • ろ過だけで半日かかったりするので、仕込むならろ過の日を計算にいれてスケジューリングしよう。
  • ろ過した脂肪分は美味しいぞ。ヨーグルトなどに入れて食べよう。
  • あんまり食べると酔っ払うぞ!

以上をアドバイスとして送ります。


関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。