スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク泥棒

団地に住んでいた頃、しょっちゅうバイクを盗まれた。
通算にして3回だろうか。

20120523_bike.JPG
台湾ですが。こんだけ無造作にあったら盗まれるのだろうか。

1回目は同じ団地内で発見して取り返し、
2回目はついに見つからずに諦めて中古を購入、
そして3回目はスクラップとなって新潟で発見された。

うち埼玉なんですけど。

新潟県警がスクラップを引き取りに来いとか寝ぼけたことをいうので、
「盗難届を出しておいたのにろくな捜索もせず、
スクラップが見つかったから新潟まで引取りにこいって、
それ本気でいってるんですか?」と、警察相手に逆切れ。
スクラップはそのまま廃棄してもらった。

それにしても憎らしいのは泥棒である。

当時、中国人の組織的な泥棒というのはまだあまりおらず、
団地内の盗難も暇なヤンキーの仕業と相場が決まっていたので、
こいつらをなんとかしてギャフンといわせたいと本気で考え、

家の前にポンコツバイクを置いて電流を流しておこうかとか、
シートに剣山仕込んでおこうかとか、
盗みにきたら飛び出してって竹刀で殴ってやるとか、
一時期は泥棒への殺意でギラギラしていましたが、

そのためにポンコツを1台置いておくのもアレだし、
バイクは通勤で使うので、この作戦は却下。

かわりに、バイクのハンドル付近に赤ペンキで、
」「」「盗んだ奴は死ぬ」等、不吉なことを書きまくるという
アナログな手法をとったところ、以降ぱったり盗まれなくなったではないか。

言霊の力は侮れんな!

たまに、盗んだバイクで事故って無免許の少年が死亡、なんていう
盗人ざまぁぁぁぁぁwwwwwww痛ましい事件がありますが、
それらは持ち主の怨念が引き起こしたものではないかと、
私は思っているのです。

とりあえず、私のバイクを盗んだ奴は速やかに逝去するように。
一生許さんからな。


関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。