石垣島旅行記5/25

果てしなくどうでもいい感のある旅行記ですが、備忘録としてみっちり書き残しておくことにするよ!

今回、5/25~5/28という日程で唐突に石垣島に行ってきたわけですが、何故こんなハンパ日程なのかというと、ズバリ、ツアー料金が激安だからでした。

本当はまた台湾に行こうかね~とか話していたんですが、あまりにも石垣島が安いので、「オイ!これならいっぺん行ってみてもいいんじゃね?」っていうか、速攻で決めて予約していた。

P1010456-3.JPG

沖縄本島なら数回行ったことがあるのですが、離島ははじめて。
土地勘もありませんでしたが、「ホテルとビーチが隣接」「とりあえず水牛車には乗ろう」という適当な目的をたて、ホテル&航空券のパックとオプショナルツアーを申し込みました。

P1010471-8.JPG

いつも北海道スキーを申し込んでいる会社を利用しましたが、ここは旅程表郵送のみ、添乗員無し、航空券もEチケットを自力で発行という、極限までサービスを省いているところでして、おかげであちこち安く行けて重宝しているのです。

★石垣島3泊4日:49,100円
★竹富島で牛車:1,800円

宿泊先は「フサキリゾートヴィレッジ」。フサキビーチ隣接という好立地を高く評価した。
ホテルは追加料金を払ってグレードアップしましたが、航空券つき3泊(朝食2回つけた)でコレは安くね?

P1010460-4.JPG

観光地を連れ回してくれるパックツアーも政治的な理由で安いんですが、最初から最後まで団体行動だし、やたらお土産屋ばかり連れて行かれるし、ひとつのところをじっくり見られないしで、どうも肌に合わないということに気付いた。

しかし、後日になって、石垣島内の観光に足がいるんじゃね?と思いつき、あわててレンタカーを申し込みました。
ネットでいくつか比較して、なんと、ホテル届け&乗り捨てが無料のところを発見。
オプションでつけてもらうよりもずいぶん安くなったのではなかろうか。

★レンタカー1日:2,500円

出発日当日、関東は雨模様。
羽田から那覇へ、那覇から石垣島へ飛ぶと、石垣島は梅雨の中の晴れ間でした。

P1010464-6.JPG

現地には夕方頃に到着したので、さっそく桟橋に行ってみたところ、

P1010480-9.JPG

海に沈む素晴らしい夕日を拝むことができました。
海面にのびる光の美しいこと…まるでルパンのエンディングのようじゃないか。

P1010483-10.JPG
なんかいろいろと絵になり過ぎてイカン。

しかし、当然のように夜ご飯の手配をしていなかったため、ホテルのバーで軽食と酒を食らいながら、星がでるのを待つことに。
離島にきた理由のひとつに満点の星空をみるという目的もあったからです。

P1010490-12.JPG

少し雲もでてましたが、夜には満点の星空が拝めました。おおー!
しかし残念ながら南十字星はまんまと雲の中でした。

さらに持参したGF-2はバルブ撮影ができず、シャッター開放も最大1分なのだった。
星空なぞうつらんわー!(逆切れ)

P1010498-13.JPG
あきらめきれず桟橋からホテル方面を撮影。

あの星空は心のメモリーに保存することとする。

ホテルの部屋では、もはやジンクスとなったゴキブリとの遭遇を果たし(※)、やたら硬いベッドで背中を痛くしながら眠りについたのでありました。

※南の島にいくとホテルの部屋で必ずゴキブリに遭遇するのです。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment