FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポップコーン愛

諸君、私はポップコーンが死ぬほど好きだ。

あまりに好きすぎてポップコーンメーカーも持っていたが、所詮おもちゃであったので、運転音がクソやかましく、はじけたポップコーンが勢い良く射出されて、設置した容器にちっとも入らないという面白トラブルが続出するため、引越しの際にかなぐり捨ててしまった。

チャンスがあったらクイジナートのこれをこっそり買いたいと思う。


Cuisinart クイジナート ポップコーンメーカー レッド CPM-900PCJ
Cuisinart (クイジナート)
売り上げランキング: 16,937


で、私は特にポップコーンのはじけきってない豆が好きなのだが、その頭おかしいニーズを満たす商品もちゃんと存在していたりする。
しかし、あまりにニッチ過ぎて輸入している業者がおらず、アメリカの友人にも「そんなの聞いたことがないヨ」といわれてしまったのであった。トホホ。



じゃーん。これである。PopNotsである。

取り扱っているネットショップでは海外発送をしていなかったので、仕方なく個人輸入代行を通したところ、送料と手数料込みで$100越えてしまった。
いくら円高のときに輸入したとはいえ、もはやポップコーンの値段ではない。

「なんか海外からでっかい箱届いたんだけど、これなに?」
「ははは。教えてやろう。ポップコーンだ」

まとめ買いをしたため、箱がデカすぎて宅配ボックスにも入らない。
いくら軽くても箱がデカくなるから送料が高い。
ポップコーンのデカさを呪った瞬間であった。
ちなみに、相方には「頭おかしい」といわれた。うるさいわ。

さて、話を元に戻す。

日本にも海外のポップコーンショップがぽつぽつとオープンして、有名どころでいえば原宿のギャレットであるが、聞くところによると人気のフレーバーは昼には売り切れてしまうし、夜になっても行列だというじゃないか。けしからん。

ポップコーンは大好きだが、行列は大嫌いなので、他にもショップはないかと検索してみたところ、なんと中目黒にヒルバレーがあった。

さっそく会社帰りに立ち寄ったのだが、え?こんなところにあるの?ホント?まじで?という細い通りにぽつねんとあり、行列どころか客がひとりもおらず、逆に心配になってしまう残念なありさまなのであった。
フレーバーはなにがあるかと聞いたら、塩とチーズとキャラメルだけ、らしい。なんとも漢らしいショップである。



さっそくチーズとキャラメルフレーバーをミックスで買ってきた。
Lサイズ(1,500円)だと、USJで買ったエルモのスーベニアバケツがちょうどいっぱいになる量。

エアーポップなのでしつこくなく、チーズはしょっぱくて濃厚、キャラメルはほの甘くて、交互に食べると止まらない。
こ…こいつは相当やばい代物ですぞ!?

大事にちょっとずつ食べようと思っていたところ、翌朝相方が勝手に食っていて、あっという間に無くなってしまった。
わざわざ地下鉄に乗って買いに行ったのに…1500円もしたのに…畜生…。

切ないので、次は通販ポップコーンを注文してみたいと思う。
ポップコーンパパの「梅かつお」はヤバイよ?

ポップコーンパパ
オリーブポップコーン
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。